目次
MANABU TAMATAとは。。?何者でもない日本出身のおっさん
海外ノマドワーカーとして生きる
多分、内向型です。HSP(ハイリー・センシティブ・パーソンとも言う)
インドについて

MANABU TAMATAとは。。?何者でもない日本出身のおっさん

インドおよびアジア中心に放浪しているデジタルノマドです。旅ブロガー(見習い)。ミニマリスト。

高校中退で人生の道を踏み外し、行くところなく池袋駅前で寝るも寒い!新聞販売店に拾われ、その後独学でプログラマーに。フリーランスとして働いていたんですが、どうもHSP(感覚過敏)で疲れやすいらしく日本のオフィスは蛍光灯が眩しすぐる。。(汗)

そもそも日本社会不適合者で合わないんだから日本脱出した方がいいでしょ、ということで東南アジア中心に、生活費も5万円くらいのトントンでデジタルノマドとしてかろうじて生きてます。ルンルン

海外ノマドワーカーとして生きる

今のところこのブログは単なる旅の備忘録です(忘れっぽいので後で思い返せるようにメモ)。

多分、内向型です。HSP(ハイリー・センシティブ・パーソンとも言う)

内向タイプ=HSP(光や音に感覚過敏で疲れやすい)。特に蛍光灯のとても眩しい光がつらい。ひどい頭痛が起きる。だから日本のオフィスにはもうほぼいることはできない。古いタイプの渦巻き蚊取り線香もひどい頭痛を起こす。騒音や人混みでもとても疲れてしまう。

酒・タバコが苦手。

東京でエンジニアとして働けばそこそこもらえると思っているのだけど、もうそんな生き方はできません。そんな生き方より今の方がずっといいです!!

オープン・オフィス(1フロアに机をずらっと並べて仕切りがまったくない現在主流のオフィス環境)や、日本人の働き方にはついていけません。。汗

インドについて

インドに初めて興味を持ったのは、高校生の時、椎名誠の『インドでわしも考えた』を読んだのがきっかけでした。バラナシだったか、サドゥーなどが写っているその日本とはまったく異質と思える世界に、これはすごい、こんな国があるのか。。。!!と思った。

25歳の時の初海外旅行(インド)から、ちょくちょく旅に出てます。

プシュカルでは時々ラクダを見かける。ラクダツアーもある
プシュカルでは時々ラクダを見かける。ラクダツアーもある

プシュカルで子牛の頭をなでなで
プシュカルで子牛の頭をなでなで